読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【はれ ときどき くもりあめ】suny sometimes cloudy & rainy

子育ての中でいろいろと感じたこと(お得な情報、精神論等)を書いていきたいと思います。

いかないで 〜神戸弁バージョン〜

なんか、自分は、語尾に『わ』が付くわ。
(*´꒳`*)


いかないで 〜神戸弁バージョン〜 です。
誰か、「歌ってみた」って。

m.youtube.com

いかないで
・いかんといて

何でもないと口をつぐんだ 
・何もないわと口つぐんどった
ホントはちょっと足を止めたくて 
・ホンマはちょっと足止めたぁて
だけどもきみは早足ですっと前を行くから 
・せやけどお前は早足ですっと前行くからな
ぼくはそれを見つめてる
・俺はそれ見てたんや

最終便 きみは乗る ぼくを置いてって 
・最終便 お前乗る 俺を置いとって
はしりだす ゆっくりと 地面がずれていく 
・はしりだしたわ ゆぅくりと 地面がずれとるわ
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ 
・泣いたあかん 泣いたあかん けどホンマは言いたいわ
「いかないで」
・「いかんといてや」

遠くへと 消えていく ぼくを置いてって 
・遠ぉくぅへ 消えてぇくぅ 俺を置いといて
もう随分 見えないよ 夜が崩れていく
・もうだいぶ 見ぇへんわ 夜が崩れとるぅわ
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ
・泣いたあかん 泣いたあかん けどホンマは言いたいわ
「いかないで」
・「いかんといて」

祭りも終わればいつもと同じ 
・祭り終わぁたらいっつもとおんなじ
変わらぬ夜が来るんだと知った 
・変わらん夜が来るんやと知った
だけどもきみはいつもよりずっと色っぽく見えて 
・せやけどお前はいつもよりめっちゃかわいく見えてぇ
ぼくはそれを見つめてる
・俺はそれを見てたんや

時間だけが 過ぎていく ぼくを連れてって 
・時間だけぇ 過ぎてくわ 俺を連れてって
帰り道 暗いけれど 一人で大丈夫かな 
・帰る道 暗いけど 一人でいけるぅんかな
街灯に 照らされて 影ができている 
・街頭に 照らされて 影ができとるぅ
一人ぼっちさ
・一人ぼっちや

遠くへと 消えていく ぼくを置いてって 
・遠ぉくぅへ 消えてくぅ 俺を置いといて
完全に また今度 夜が滲んでいく 
・完ぺきに また今度 夜が滲んどる
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ 
・泣いたあかん 泣いたあかん けどホンマは言いたいわ
「いかないで」
・「いかんといてや」

泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ 
・泣いたあかん 泣いたあかん けどホンマは言いたいわ
「いかないで」
・「いかんといてな」